KOPI LEMBAH KAMU 
コピ・ルンバ・カム

私たちが提供するコーヒーの内1つは、インドネシアの最東端の地域から来ています。ニューギニア島は2つに分かれており、西部のパプアはインドネシアに属しています。以前は「イリアンジャヤ」として知られていたパプアでは、コーヒーは、ナビレ地域のレンバカム(カムバレー)とパプアのワメナのジャヤウィジャヤ地域のレンババリエム(バリエムバレー)の2つの主要な地域で栽培されています。どちらも標高は1,400〜2,000mで、アラビカコーヒーの栽培に適しています。

パプアの他の大都市とは異なり、ワメナは手つかずの楽園であり、パプアの中央の山々の内部にある真珠の様な土地です。ワメナの豊富な輸出用農業製品の1つはコーヒーです。パプアワメナコーヒーの味は花の様な印象です。インドネシアのコーヒーがこの様な印象を持つことはまれであるため、非常に独特です。多くのQグレーダーは、パプアの土地は非常に肥沃であるため、農薬や化合物を使用しない植栽条件によって香りが影響を受けると主張しています。そのため、アラビカコーヒーは非常に高品質なものが生産されています。パプアワメナのアラビカコーヒーは、その自然な成長過程に基づいてオーガニックコーヒーに分類できます。このコーヒーはバランスの取れた味わいで、コーヒーの香りはチョコレートとフローラルのニュアンス、ミディアムボディで甘い後味があります。酸味が少ないので、どなたでもお召し上がりいただけます。

このコーヒーは、「ギリングバサ」と呼ばれるスマトラスタイルの方法を使用して処理されています。ティピカとブルボンの品種が作り出すコーヒーは非常にユニークで、インドネシアグアバ(jambu air)とサンフラワーシードの様なフレーバーがブレンドされています。

One of the types of coffee that we serve comes from the easternmost region of Indonesia. The island of New Guinea is divided into two, with the western part, Papua, belonging to Indonesia. In Papua, previously known as “Irian Jaya”, coffee is cultivated in two main areas: Lembah Kamu (The Kamu Valley) in the Nabire region and Lembah Baliem (The Baliem Valley) in the Jayawijaya region, Wamena, Papua. Both sites have elevations between 1,400 and 2,000 meters, suitable for growing arabica coffee.

Unlike other big cities in Papua, Wamena is an untouched paradise and pearl in the interior of the central mountains of Papua. One of the wealth of plantation products in Wamena is coffee.The taste of Papua Wamena coffee is very unique because it is rare for Indonesian coffee to have a floral sensation. Many Q-graders argue that the appearance of the aroma is influenced by the planting conditions that do not use any pesticides and chemical compounds because the land of Papua is very fertile, so the Arabica coffee are produced with very good quality. Papua Wamena Arabica Coffee can be classified as Organic Coffee based on its natural growth process. This Arabica coffee has a very distinctive and balanced taste where the aroma of the coffee is subtle with chocolate and floral nuances, medium body and has a sweet after-taste. Papua Wamena Arabica coffee also has a low acid content so that it can be consumed by everyone.

With an average highland geography of 1600 masl, Papua not only presents a beautiful view of Mount Jayawijaya, but also produces a unique Indonesian coffee. This Papuan coffee is processed using the 'Giling Basah' or Sumatra Style method, the results obtained from the Typica and Bourbon varieties are very unique, they have a blend of Indonesian Guava and Sun flower seed flavors.