BONDOWOSO  ボンドウォソ
bondowoso.jpg

 

このコーヒーは、東ジャワのボンドウォソ地区で作られています。

ラウン山とイジェン山の南に位置するコーヒーは、

地元の人々に「コピ イジェンラウン」としても知られています。

この地域は、インドネシア最大のコーヒー生産エリアの1つであり、「Republic of Coffee」と呼ばれています。

 

ボンドウォソのコーヒーは、

10年以上に渡ってアラビカ種に積極的に関わり、さまざまな加工方法を生み出しているYus氏が率いるグループによって植えられています。

 

海抜1400〜1800mの間で栽培されており、

スパイス、ナッツ、チョコレートの風味のヒントであるスマトラ系コーヒーに似た独特の味がします。

 

濃厚で美味しいコーヒー、古くからのJavaコーヒーのフレーバープロファイルです。

This coffee originates from the district of bondowoso in East Java. Located in Mount Raung and south of Mount Ijen, the coffee is also more commonly known as kopi Ijen-Raung, among the locals. The area is one of the largest producer of coffee in Indonesia, which is how the area gets its name “Republic of Coffee.”

 

The coffee is planted by a farming group led by Mr. Yus, who has been actively involved in specialty arabica for more than a decade and producess a variety of processing methods.

 

Coffee Ijen-Raung is planted between 1400-1800 masl and has a distinct taste similar to Sumatran Coffees which are hints of spice, nutty and chocolatey flavor. A dense and savory coffee, this is classic Java flavor profile. 

PROCESS : FULL WASHED

ROASTED PROFILE : LIGHT

BODY : MEDIUM

ACIDITY : MEDIUM

NOTES : CARAMEL, BLACK VANILLA, CHOCOLATE, AFTER TASTE