JAVA FRINSA SIGARARUTANG フリンサ・シガラルタン 

Screen Shot 2020-11-24 at 18.54.33.png

Frinsa Sigararutang is a product of Java Frinsa Estate, which is owned by a very experienced farmer name Mr. Wildan and Ibu Atieq. They were successful potato farmers and exporter, until in 2020, they decided to commit to the conservation of land to protect the environment and at the same time maximizing productivity of the land through planting coffee.

This coffee is located in the vast mountainous area, South of Bandung in Cisangkuy Valley and is surrounded by one of the largest tea plantation in West java. The processing, sorting, bagging and storage facilities os located in Pengalenagan. The Plantation is located in Weninggalih, which is 1350m – 1400m above sea level.

Frinsa Sigararutang “Sigararutang” is a mutation of “ateng” (Aceh Tengah), which is the closest family to Bourbon varietal.

フリンサ・シガラルタンは、非常に経験豊かな農家のウィルダンさんとアティックさん

が作ったジャワ・フリンサ・エステートの商品です。元々ジャガイモ農家と輸出業者としてやっていたが、2010年にコーヒーの木を植え付けを通して生産性を最大化すること環境を守ることのために土地の保全をやると決めました。

 

このコーヒーは広大な山のエリアにあって、南バンドンのチサンクイ谷にある西ジャワの最大の茶畑に囲まれています。プロセス、区分け、バッグに入れる作業、貯蔵施設はペンガレンガンでやっています。畑は海抜1350〜1400メートル、ウェニンガリと言う所にあります。

 

フリンサ・シガラルタンの「シガラルタン」は「アテン」(アチェ・テンガラ=南東アチェ)から取られて、ブルボン品種と一番近いファミリーです。

 

プロセス:フリーウォッシュド

ローストプロフィール:フィルターロースト

酸味:ロー

ボディ:ミディアム

 

ノート:

レモングラス、レッドジンジャー、黒砂糖

COFFEE BEANS INFORMATION

コーヒー豆の説明